セラフィット 油通し

セラフィットの油通しを画像付きで紹介<簡単ですがヤケドに注意>

 

セラフィット 油通し

 

セラフィットの油通しについて詳しくご紹介していきますね^^

 

セラフィットの取ってを取り付けた後、
使用前に必ずしておくことがこの油通しになります。

 

セラフィットを長持ちさせるために行うと考えて頂ければと思いますが、
やり方は全然難しくないですし簡単なので安心してご覧になってください。

 

まずは弱火で30秒ほどセラフィットを温めていきましょう!!

 

 

 

30秒ほど温めるとフライパンの表面が徐々にあったかくなってきますので、
セラフィットが温まったらガスもしくはIHよりおろして下さい。

 

この時中火以上の強い火力で温めてしまうと、
空焚きの状態になってしまうので気を付けてくださいね^^;

 

 

 

ではコンロからおろしたところで、
油通しをするために植物油を用意しましょう!!

 

大さじ1杯くらいの量をセラフィットに入れて、
ペータータオルなどでフライパンの表面を磨いていきます。

 

 

 

私はペーパータオルで磨いていきたいと思います^^

 

この時に気を付けてほしいのが磨く際には油も入れてますし、
フライパンの内部も熱いのでヤケドには必ず注意してくださいね。

 

私はペーパータオルを最初ケチってしまい熱い思いをしました・・・笑

 

 

以上でセラフィットの油通しはおしまいになります!

 

どうですか?簡単だったでしょ?
セラフィットを長く愛用していくためにもお手入れしてあげましょうね^^

 

 

私のセラフィット実践レビューも見てみる?

 

セラフィットで玉子焼きを焼いてみました!油なしですべる!?